広告


かぼちゃの種のむき方について

かぼちゃの種を初めて調理して食べる方がついついやってしまいがちな事というのは、種の殻をむかずにそのまま食べてしまうという事です。かぼちゃの種は、種ですから調理すればそのまま食べられるようなイメージがありますが、実際はそうではありません。

かぼちゃの種は、小さな実を殻が包み込んだ構造となっており、美味しく食べられるのは殻をむいて残った実の部分のみです。周りの殻ごと食べらない事もないのですが、味にもこだわるのならば、食べる前にあらかじめ殻をむいておくべきです。

"殻をむけ"と言われると、「殻をむいて実だけになったら、食べられる量が減るんじゃない?」と思われるかもしれません。まさにその通りです。かぼちゃの種の実の部分は、種によっては非常に小さく、「殻をむいてみたら中身がほとんど無かった」などというのはよくある話です。ですから、殻をむいて食べるつもりならば、事前の種選びは慎重に行いましょう。

さて、最後にかぼちゃの種の殻のむき方についてですが、調理する前から殻をむいておく必要は無く、殻をむくのは調理した後で構いません。殻をむく際は、横でなく縦にむきます。むくというより割るという表現の方が適切でしょうか。歯で噛むとより楽に割る事ができます。