広告


かぼちゃの種の手軽な食べ方 レンジやオーブンを活用

かぼちゃの種の基本的な食べ方とは?かぼちゃの種は、天日干しして炒めた後、胡椒や塩などの調味料をふって食べるのが基本ですね。

ここで「天日干しって何?」という声が聞こえてきそうですが、天日干しとは特に難しい事をするわけではなく、丁寧に水洗いした食材を太陽の下に長い時間置いておき乾かす、というだけのものです。

ですが、水洗いはともかくとして、日の光に長時間当てておくのは時間がかかりすぎて面倒という方もいるでしょうし、それ以前に外に置いておける環境でない場合もあるでしょう。そこで役に立つのが、短時間で手軽に乾かし温められる電子レンジです。

電子レンジを使った簡単な食べ方ですが、まず、かぼちゃの種を水で洗ってわたを取ります。そして水をよく切った後でレンジに入れます。電子レンジで温める場合、分量にもよるでしょうがせいぜい1〜2分といったところです。

レンジで温めた後は、フライパンで油をひかずに炒めるわけですが・・・その作業すら飛ばしてしまいたいというのであれば、レンジで温める時間をさらに長くすればOKです。最後に殻を剥き、お好みの調味料をふって出来上がりです。

電子レンジの代わりにオーブンを使用するのも良いでしょう。かぼちゃの種を洗って水を切った後、焦げ目がつくまでオーブンで焼くだけでOKです。